9月某日、都内への外出の帰り道、駅に向って歩いていると、とあるビルの前で「東京都新型コロナウイルス感染症 モニタリング検査」という張り紙を目にしました。

「無料でPCR検査を行っています。今すぐご参加いただけます」との呼び込みにつられ、会場に入りました。東京都が主催しているそうです。

コンクリート壁の空き店舗を利用した会場は、それほど広くありません。私たちの前に並んでいたのは、会社員らしき男性がひとりだけで待つこともなさそうです。

壁に貼ってあるQRコードをスマートフォンで読み取り、メールアドレスなど個人情報を入力すると、検査受付が完了します。次回、同じ検査をする機会があれば、この操作が省略され、時間短縮できます。

席につき、係の人から「唾液採取方法」の説明を受けます。検査結果は3~4日ほどでメールで届きます。陰性証明書の発行はできないそうです。

検査キット

検査スペースに移動し、タイマーを3分にセットします。大きな綿球の検体用綿棒を舌裏に入れ、口に含ませます。3分後、綿棒を容器に入れ、棒を黒い印が書いてあるところで折り、蓋をして容器の表面をアルコールシートで拭き、提出します。

『東京都新型コロナウイルス感染症モニタリング検査』ですが、駅前、繁華街、空港、大学等で行われていて、検査場所は「特定の検査対象」以外の人の流出や風評被害を避けるため非公表とのこと。

比較的感染リスクの高い人流のある場所、交通路線などで検査を実施し、感染の予兆を探知しているようです。

半年ぶりに東京に行きました。このような形でコロナ感染予防の取り組みが行われてることは知りませんでした。    偶然にもPCR検査を無料で受けることができました。

検査結果は翌日の夕方にメールが届き「陰性」を確認することができました。

結果を見て陰性が英語で「negative」ということを初めて知りました。           陽性は「positive」。日本語で使っている「ネガティブ」のマイナスなニュアンスが頭に浮かび、英語の結果だけ見ると一瞬、頭が混乱しました。

陰性であっても明日はどうなるかわかりません。

引き続き、感染予防を心掛けた生活を続けます。

水に濡らして絞り、首に巻く           「熱中症予防タオル」をいただきました
Posted in 未分類
8月
13日

TOKYO 2020

東京2020 オリンピック が閉会しました。

時差が無いため、LIVEでテレビ観戦を楽しむことができました。

弊社近くの横浜スタジアムは、ソフトボールと野球の試合会場でした。球場を囲む一帯は進入禁止エリアになり、横浜公園内も立ち入ることができません。

7月26日、ソフトボールの「日本 対 アメリカ」の対戦中にスタジアムの前を通りましたが「本当にオリンピックが開催されているのかしら?」と疑ってしまうほど静かでした。アナウンスと音楽が漏れ聞こえて、ようやく試合中であることがわかりました。

日陰を歩いても暑さしか感じない日でした。炎天下、無観客で試合を行っている選手たちの体力、精神力の強さに尊敬の念が湧きました。

横浜の地でソフトボール、野球共に日本が金メダルを獲得したことは、嬉しかったです。

今回のオリンピックは開催是非の問、コロナ対策、暑さ、無観客と異例ずくめでした。

選手にとって、この経験が人生の糧に結び付くよう願いたいです。

Posted in 未分類

朝夕のひんやりとした空気で気候の変化を感じます。

過ごしやすい季節になりました。

天気のよいある日の通勤時、ひとつ前の駅で下車し、みなとみらいから山下公園に近い弊社まで歩いてみました。

観光地でもあるこの地域ですが、平日の午前は人を避けて歩くことがなく、自然と足取りが軽くなります。広い歩道が一層広く感じます。

歩き始めは空気が冷たかったのですが、赤レンガ倉庫の辺りに来ると背中がぽかぽかとしてきました。

平坦な道から高架の遊歩道に進みます。高い位置からの海風は清涼感を与えてくれます。

早歩きとのんびり歩きを繰り返し、20分ほどで山下公園に到着。

ほどよい運動量と気分転換になりました。

自粛が少しづつ緩和されていますが、テレワークの方も多いと思います。

今の状況の中で、無理せずできることを行い、その中で楽しみをみつけられたらよいですね。

山下公園ではバラが見ごろです
Posted in 未分類
4月
27日

2020年🌸春

新型コロナウイルス対策による緊急事態宣言の発令により、日本でも緊張の日々が続いております。

弊社の中でもテレワークを活用した働き方が導入されています。

そんな中、2名の新入社員を迎えました。

時差通勤、自宅でのプログラミング学習など、ウイルス対策に配慮した新入社員研修を実施しております。

研修で学んだことを配属先で活かせるよう、頑張ってほしいです。

4月初旬
JR横浜駅の乗換通路。
ラッシュ時は、掲示板に目を留めることはありませんでしたが、乗客が減少。
元気なメッセージですね。
そして、4月下旬
江戸時代末に出現し、「疫病が流行するので、私の姿を描いた絵を人々に見せよ」
かわいいアマビエの掲示板です。
#横浜駅 アマビエ
Posted in 未分類

伊勢神宮の祈年祭に行って参りました。

祈年祭とは「としごいのまつり」とも呼ばれ、春に五穀豊穣を祈願します。        「とし」は年であると同時に、稲の意味もあります。

11月23日に行われる、新嘗祭(1年の収穫を感謝する)と相対するお祭りです。

 伊勢神宮をはじめとする全国の神社で2月17日、その前後に行われているようです。

外宮で行われた「奉幣の儀」(ほうへいのぎ)を拝覧しました。

外宮の板垣南御門から神官が唐櫃を運んでいます。平安時代にタイムスリップしたようです。

早朝の清澄な空気。木々で囲まれた参道を歩くだけで、穢れが洗われるような爽やかな気持ちになります。

外玉垣南御門の垣から「祈年祭」を拝見していると、一羽のカラスが「西宝殿」の屋根に とまりました。 カラスは何することなくしばらく留まり、雅楽の演奏が始まると、お囃子のように鳴き、最後は安心したのか、低空飛行で東宝殿を横切り、外宮の森へと消えていきました。

八咫烏(3本足のカラス)かどうかはわかりませんが、カラスも神官として祭祀を見守っていたようで  微笑ましかったです。

日本が農耕生活中心であった時代、豊作を祈ることが国の繁栄につながると、毎年粛々と行われてきた古儀を拝覧し、改めて日々の食生活に感謝しようと思いました。

電車移動のお供、宇治山田駅で2個入りの赤福を購入しました。
神の使いと言われている 「神鶏」を内宮でみかけました。
Posted in 未分類
7月
31日

野球応援

アリアの最寄り駅のひとつであるJR関内駅から会社へ行く道のりに「横浜スタジアム」があります。

横浜DeNAベイスターズの本拠地となっていて、来年、開催される東京オリンピックの「野球」と「ソフトボール」の競技会場にもなっております。

先日、夏の甲子園出場を目指す、第101回高校野球神奈川県大会の応援に行ってきました。

毎年、酷暑の中の予選ですが、その日は曇り空、球場内の風が心地よかったです。

夏の高校野球は「負ければ終わり、引退」の高校3年生の選手にとって、三年間の集大成。緊張感を持った応援、一球一球、見逃さず観戦してきました。

スタンドで応援する吹奏楽部、バトン部もマウンドで頑張る選手たちを盛り上げようと、汗をかきながら一生懸命です。

点が入れば盛り上がり、負けていれば選手たちを元気づけようとさらに盛り上がる。

対戦チームが攻撃の際は、対戦高校の応援を観戦。吹奏楽とは対照的なバスドラムメインの勢いのある応援に引き込まれ、無意識に足でリズムを取ってしまい苦笑い。対戦高校の応援もお見事。

応援する高校は負けてしまいましたが、高校球児たちが、甲子園出場へ向けて最後まであきらめず、頑張る姿に清々しい気持ちになりました。元気をもらいました。

夏の高校野球の予選は、強豪校の安定感のある試合もよいのですが、ノーシードから勝ち上がってくる勢いのある高校などは本当に面白いと思います。

梅雨明けとともに、全国49校がそろいました、夏の甲子園。楽しみです。

Posted in 未分類

 12月といえば、やはり忘年会! アリアも12月の帰社日に行いました。

毎月、帰社日には有志で飲み会を行っていますが、同じ飲み会でも忘年会は特別!12月はなぜか寛大になって、頑張ったことは2倍、3倍増で褒めてもらえたり、辛かったことは何だか笑える話になったりして、いつも以上に盛り上がりますよね。

  会の中盤はお楽しみのくじ引きタイム! 景品は、まぐろ1kgや全自動コーヒーメーカー、ワイヤレスイヤホンにYシャツお仕立券。んー、但馬牛もいいなぁ。11人くじを引くたびに拍手が湧いたり、笑いが起こったり、ブーイングがあったり。もらった景品を交換するのは毎年恒例ですね!

 今年も残すところ10日余り。1年間、本当におつかれさまでした。来年も良い年でありますように。

飲んで食べて、大いに盛り上がりました

 

 

9月
14日

レース観戦

こんにちは、社員Mです。

先日、富士スピードウェイで行われたSUPER GT Rd4 富士300kmレースの観戦に行ってきました。

SUPER GTというのは全日本GT選手権から名を変え行われている自動車レースで、市販車をベースに改造されたGTカーがしのぎを削っています。

ベースが市販車ということもあり親しみやすく、あっさりと終わってしまいがちなフォーミュラカーのレースより観戦の敷居は低いと思います。

 

そのレース観戦中、「サーキットサファリ」というイベントに参加することができました。

サーキットサファリというのは、予選前の練習走行中、本コース内をバスが走り、GTカーが追い抜くさまを間近で見ることができるというものです。

バスを抜く際、多少はスピードを落としますが、一般では見られない猛スピードで走るGTカーを見ることができるのはレアな体験です。

コンパクトデジタルカメラで動画モード、スマホで通常の撮影、と二刀流で撮影を行いましたが、エンジン音をたよりにシャッターを押すのは難しく、高性能な一眼レフやミラーレス一眼が欲しいと思いました。

 

車を見に行く、レースドライバーに会いたい、レースクイーンを見に行くなど人によっていろいろ楽しむことができるイベントです。

お子様連れの方には、予選日夕方にキッズウォークというものがあり、通常のピットウォークよりもドライバーやチームと触れ合う機会が増します。

機会があれば是非会場まで足を運んでみてはいかがでしょうか。

SGTfuji

Posted in 未分類, 趣味