4月
27日

2020年🌸春

新型コロナウイルス対策による緊急事態宣言の発令により、日本でも緊張の日々が続いております。

弊社の中でもテレワークを活用した働き方が導入されています。

そんな中、2名の新入社員を迎えました。

時差通勤、自宅でのプログラミング学習など、ウイルス対策に配慮した新入社員研修を実施しております。

研修で学んだことを配属先で活かせるよう、頑張ってほしいです。

4月初旬
JR横浜駅の乗換通路。
ラッシュ時は、掲示板に目を留めることはありませんでしたが、乗客が減少。
元気なメッセージですね。
そして、4月下旬
江戸時代末に出現し、「疫病が流行するので、私の姿を描いた絵を人々に見せよ」
かわいいアマビエの掲示板です。
#横浜駅 アマビエ
Posted in 未分類

伊勢神宮の祈年祭に行って参りました。

祈年祭とは「としごいのまつり」とも呼ばれ、春に五穀豊穣を祈願します。        「とし」は年であると同時に、稲の意味もあります。

11月23日に行われる、新嘗祭(1年の収穫を感謝する)と相対するお祭りです。

 伊勢神宮をはじめとする全国の神社で2月17日、その前後に行われているようです。

外宮で行われた「奉幣の儀」(ほうへいのぎ)を拝覧しました。

外宮の板垣南御門から神官が唐櫃を運んでいます。平安時代にタイムスリップしたようです。

早朝の清澄な空気。木々で囲まれた参道を歩くだけで、穢れが洗われるような爽やかな気持ちになります。

外玉垣南御門の垣から「祈年祭」を拝見していると、一羽のカラスが「西宝殿」の屋根に とまりました。 カラスは何することなくしばらく留まり、雅楽の演奏が始まると、お囃子のように鳴き、最後は安心したのか、低空飛行で東宝殿を横切り、外宮の森へと消えていきました。

八咫烏(3本足のカラス)かどうかはわかりませんが、カラスも神官として祭祀を見守っていたようで  微笑ましかったです。

日本が農耕生活中心であった時代、豊作を祈ることが国の繁栄につながると、毎年粛々と行われてきた古儀を拝覧し、改めて日々の食生活に感謝しようと思いました。

電車移動のお供、宇治山田駅で2個入りの赤福を購入しました。
神の使いと言われている 「神鶏」を内宮でみかけました。
Posted in 未分類
7月
31日

野球応援

アリアの最寄り駅のひとつであるJR関内駅から会社へ行く道のりに「横浜スタジアム」があります。

横浜DeNAベイスターズの本拠地となっていて、来年、開催される東京オリンピックの「野球」と「ソフトボール」の競技会場にもなっております。

先日、夏の甲子園出場を目指す、第101回高校野球神奈川県大会の応援に行ってきました。

毎年、酷暑の中の予選ですが、その日は曇り空、球場内の風が心地よかったです。

夏の高校野球は「負ければ終わり、引退」の高校3年生の選手にとって、三年間の集大成。緊張感を持った応援、一球一球、見逃さず観戦してきました。

スタンドで応援する吹奏楽部、バトン部もマウンドで頑張る選手たちを盛り上げようと、汗をかきながら一生懸命です。

点が入れば盛り上がり、負けていれば選手たちを元気づけようとさらに盛り上がる。

対戦チームが攻撃の際は、対戦高校の応援を観戦。吹奏楽とは対照的なバスドラムメインの勢いのある応援に引き込まれ、無意識に足でリズムを取ってしまい苦笑い。対戦高校の応援もお見事。

応援する高校は負けてしまいましたが、高校球児たちが、甲子園出場へ向けて最後まであきらめず、頑張る姿に清々しい気持ちになりました。元気をもらいました。

夏の高校野球の予選は、強豪校の安定感のある試合もよいのですが、ノーシードから勝ち上がってくる勢いのある高校などは本当に面白いと思います。

梅雨明けとともに、全国49校がそろいました、夏の甲子園。楽しみです。

Posted in 未分類

 12月といえば、やはり忘年会! アリアも12月の帰社日に行いました。

毎月、帰社日には有志で飲み会を行っていますが、同じ飲み会でも忘年会は特別!12月はなぜか寛大になって、頑張ったことは2倍、3倍増で褒めてもらえたり、辛かったことは何だか笑える話になったりして、いつも以上に盛り上がりますよね。

  会の中盤はお楽しみのくじ引きタイム! 景品は、まぐろ1kgや全自動コーヒーメーカー、ワイヤレスイヤホンにYシャツお仕立券。んー、但馬牛もいいなぁ。11人くじを引くたびに拍手が湧いたり、笑いが起こったり、ブーイングがあったり。もらった景品を交換するのは毎年恒例ですね!

 今年も残すところ10日余り。1年間、本当におつかれさまでした。来年も良い年でありますように。

飲んで食べて、大いに盛り上がりました

 

 

こんにちは、社員Hです。

11月最初の土曜に、紅葉で有名な谷川岳(群馬県)に行ってきました。

目的は、ロープウェイからの紅葉観賞と、山頂で360度の風景を見ることです。

 

私は登山を始めてまだ2年程度ですが、ひと月に1回程度のペースで、いろいろな山に登っています。

山を登っていると、登ることだけに集中できるので、仕事やその他の悩みなどからも切り離される=ストレスからも解放された様な気になれるんですよね。

また、頂上に立った時の満足感も、他ではなかなか味わえないです。

あとは、「きれいな景色が見えること」、「山頂で食べるご飯が美味しいこと」、「下山後の温泉が素晴らしく気持ちいいこと」なども、登山の醍醐味ですよね。

最近、運動不足を感じている方にも、おススメです。

 

当日は快晴で絶好の登山日和でした。

日帰り登山なので、友人と2人、始発の電車で向かいました。

紅葉もちょうどよいタイミングだったみたいで、とても綺麗でした。

谷川岳の登山も、階段があったり、岩場があったりと変化に富んでいて、とても楽しかったです。

さすが、百名山の一つですね。

谷川岳(トマの耳)の標高は「1963m」。

山頂から見る360度のパノラマは絶景とも呼べる様なとても素晴らしいものでした!

谷川岳山頂からの風景(動画)

その絶景を見ながら食べる「蒙古タンメン中本」のカップラーメンもいつもよりはるかに美味しく感じました!!

時間の都合上、温泉には入れず、日の出と日の入りの両方を電車の中から見ることになってしまいましたが、またぜひ来たいと思うような素晴らしい山でした。

みなさんも、機会があれば、ぜひ登ってみてください。

それでは、失礼します。

Posted in 趣味

まだまだ暑さが残る9月下旬ごろ、日本大通り駅の改札を出るとなんともいえない(くさい)臭いに気が付きます。そう、銀杏の季節!イチョウ並木といえば横浜公園と象の鼻パークを結ぶ”日本大通”が有名ですが、日本大通り駅の頭上を走る本町通りの両脇にもイチョウの木が植わっていて、乗降客に臭いで秋の訪れを告げてくれます。

銀杏もひと段落した現在(10月中旬)は、まだほとんどの葉が緑ですが、朝晩が冷え込み始めた11月中旬ごろになるとイチョウの葉が黄色く色づき、師走の足音が聞こえてくるころには、歩道も黄金色に染まります。ちょっと風が強い日はびっくりするくらい、こんもりと黄色い落ち葉が積もりますよ。

「もう今年も終わりかぁ」などと呟くころには、きれいさっぱり葉を落とし、枝にはたくさんの冬芽が。年が明けて、春の訪れはこの冬芽がおしえてくれます。

日本大通り駅からアリアまで徒歩5分。本町通りのイチョウを楽しみながらおいでください。

 

歩道にはたくさんの銀杏が。絶対踏みたくないので、細心の注意を払いながら歩きます。

10月12日         アリア近くのイチョウの木。まだ青々としています。

10月29日        神奈川芸術劇場前のイチョウの木は、日当たりが良いせいか少~し黄色がかってきました。

 

 

Posted in 最近のアリア

   毎月違うテーマで勉強会を行う教育の時間で、今月は「情報セキュリティマネジメント試験」対策を行いました。過去問の中からちょっとおもしろい設問をピックアップし、みんなでチャレンジ! 受験を予定している人はもちろん、その予定が無い人も情報セキュリティの重要性を再確認できたハズ!

【全体会議中】
帰社日の午前中は教育の時間。午後はグループミーティングや全体会議を行います。

 

 

Posted in 最近のアリア

 Tさんは、H28年にデータベーススペシャリスト試験に合格しているので、今回の資格試験・情報処理安全確保支援士試験の一部試験が免除になります。免除期間は2年間。この2年の間に合格できればいいと、気長に構えて勉強をはじめたそうです。しかし仕事が忙しく、思うように時間がとれないまま、やっと勉強を始められたのが試験の1カ月前。午前の試験対策として、直近3年分の過去問を110問前後のペースでコツコツ解き、午後の記述試験に備えて、文章と解説を読んで解き方を理解したそうです。で、1発合格!!

Tさん、おめでとうございます!

 

【注目!】

アリアでは社員の資格取得(IT関係)を応援しています。受験料の補助の他、合格お祝い金の支給も行っています。

Posted in 最近のアリア

 毎月、第2金曜日(第3の場合もあり)は月に1度の帰社日。普段は現場に直行、直帰ですが、今日は朝から本社に出社し、午前中は技術やコミュニケーションスキルを高めるための教育を、午後はグループミーティングや全体会議を行います。

  今月は、7月に入社したばかりのAさんが初参加。各自、自己紹介を行いながら、今日の教育のテーマ「現場での悩み」について話しました。4月に新卒で2名の方が入社していますが、ふたりはそろそろ現場に慣れてきたころ。どうですか?悩みごとは解決しましたか?

 午後6時からは水炊き&焼き鳥のお店でAさんの歓迎会!アリアはお酒好きも多いし、(未だ)食べ盛りな方も多いです。飲み過ぎ食べ過ぎには気をつけてくださいね。

 

【教育の時間】
社員のリクエストを取り入れながら、毎月様々なテーマの勉強会を行います。

 

【新入社員歓迎会】
関内の居酒屋やすぐ近くの中華街で行うことも。

Posted in 最近のアリア

こんにちは、株式会社アリアです。

FuelPHP を利用して開発を行っていた案件にて、以下の問題が発生しました。

Web ブラウザ上でユーザーが入力した項目に対する入力チェック(バリデーション)処理を、FuelPHP に実装した独自バリデーションで行ったところ、同一バリデーションルールが適用された複数の項目でエラーが発生した場合に、最後にチェックされた項目のエラーメッセージのみとなってしまいました。

その際のコードは、FuelPHP で一般的なバリデーション設定の書き方をしていました。

$val = Validation::forge();
$val->add_callable('MyRules');
// _validation_originalRule メソッドが独自バリデーションにあります
$val->add('field_1', '項目1')->add_rule('originalRule');
$val->add('field_2', '項目2')->add_rule('originalRule');

項目1,2 いずれもエラーとなった場合の期待値は以下ですが、

・項目1 は originalRule に従っていません
・項目2 は originalRule に従っていません

実際には以下のようになってしまう、という問題です。

・項目2 は originalRule に従っていません
・項目2 は originalRule に従っていません

FuelPHP の core ソースを調べてみたところ、一つのバリデーションルールには一つのメッセージしか保持できない、という仕様になっているためだと分かりました。

しかし、何らかの手があるはずです。

そう思いながら Google 先生に尋ねてみたのですが、ビンゴな回答が見つかりません。

そこで、再び FuelPHP の core ソースを眺めつつ試行錯誤したところ望む結果を得ることが出来ました。

$val = Validation::forge();
$val->add_callable('MyRules');
$val->add('field_1', '項目1')->add_rule(['field_1_originalRule' => array('MyRules', '_validation_originalRule')], 'field_1_originalRule');
$val->add('field_2', '項目2')->add_rule(['field_2_originalRule' => array('MyRules', '_validation_originalRule')], 'field_2_originalRule');

add_rule の第一引数が配列となっているのが最大のポイントで、適用したいルール(MyRules クラスにある _validation_originalRule メソッド)に別名を付ける、という事をしています。

これにより、「field_1 には field_1_originalRule という名称のルール」「field_2 には field_2_originalRule という名称のルール」が適用され、適用されるルールの実体は「MyRules クラスにある _validation_originalRule メソッド」となります。

add_rule の第二引数は、ルールの別名と一緒としているのもポイントで、MyRules クラスに実装したバリデーションメソッドは以下のようになっています。

_validation_originalRule($val, $name) {
    // バリデーションエラー時に以下をセット
    Validation::active()->set_message($name, ':label は originalRule に従っていません');
}

これにより、項目1,2 いずれもエラーとなった場合の期待値どおりとなりました。

・項目1 は originalRule に従っていません
・項目2 は originalRule に従っていません

この記事が、FuelPHP を利用した開発の役に立てば幸いです。